新築一戸建て・土地の宝塚市不動産専門「タカラコスモス」

わが家ができあがるまで

HOME > 博士くんの解説シリーズ > コスモスフラワータウン御殿山3区画「宝塚市」一覧 > 防湿シート(レポーター:Y)

コスモスフラワータウン御殿山3区画「宝塚市」

稀少な立地に3区画登場です。

防湿シート(レポーター:Y)

防湿シートの役割

現場はビニールの防湿シートが張られ捨てコンによる下地が出来上がっていました。

『防湿シートの役割』

基礎に用いられる防水シートは元来、布基礎の土が露出している床下部分に敷かれ、地面からの湿気を防ぐ防湿層として使用していましたが、ベタ基礎が主流となり基礎のコンクリート土間が防湿層として機能する。

今日では防水シートは防湿層としてはあまり意味がなくなってきました。

それでも土間下に防水シートを敷きこむのは、基礎の型枠にコンクリートを流し込んだ時にコンクリートやコンクリートの水分が地面に吸い込まれ余計にコンクリートが必要になったり、施工精度の低下したりするのを防ぐのが目的です。


大切な役割じゃ

記事一覧に戻る

このシリーズの他の記事

お気軽にご相談ください。
株式会社タカラコスモス
〒665-0852宝塚市売布2丁目3-16
フリーダイヤル 0120-67-4146
  • お問い合わせ
  • 買取無料査定
  • コスモスクラブ